2006年5月27日 (土)

コレクション Part.3

Imgp3237

直筆サイン入りベストアルバムCD

2005.3.18.大阪公演のための宿泊ホテルでゲットしたものをゲット!

あの大阪公演の奇跡のアンコールと、このCD。もう死んでもよいって言ってしまいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

コレクション Part.2

Imgp3236_1 マイク・ミルズのベースピック

2005.3.20.の香港公演でマイクが使用したベースピック。

3.16.からの3日間の日本公演の直後、Asian Tourの最終公演での物である。

常に小銭入れの中で大切に携帯していて、お守りの代用品的存在である。

しかし、インターネットオークションでかなり安価にゲットした物であり、本物である証拠が何もないので、これを思い出すと必ず猜疑心と不安感がフワフワとつきまとう。

本物である証拠(または、偽者である証拠)を知っていたり持っていたりする方は、是非是非、ご連絡を頂きたいです。

ヨロシクです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

コレクション Part.1

Imgp3231

アルバム「MONSTER」のキャラクターピンバッジ

つい先日、これがえらく気に入って、インターネットオークションで「Strange Currencies」の英国盤シングルカラーレコードを大ゲット!!

名曲「Country Feedback」に続くアメリカ南部的な佳曲。

Imgp3234

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

REVEAL

Reveal1 2001.05 発表。

通算12枚目のオリジナルアルバム。

01.The Lifting
02.I've Been High
03.All The Way To Reno (you're gonna be a star)
04.She Just Wants To Be
05.Disappear
06.Saturn Return
07.Beat A Drum
08.Imitation of Life
09.Summer Turns To High
10.Chorus & The Ring
11.I'll Take The Rain
12.Beachball

21世紀になって1枚目、3本足になってから2枚目のアルバム。

強い日差しによる黄色い風景、陰影をしっかり出したロゴ、間違いなく夏のアルバムのジャケットである。

決して暑苦しい音作りのアルバムではない。ゆったりとしたリズムがアルバムを貫いていて、押し付けがましくなく、暑い夏に木陰で昼寝をしている感じを思い起こさせる。

[一言思い込み解説]
01:一番ロックしているが、焦燥感を煽られる。
02:R.E.M.版 KID A か。最も気になる曲。
03:この緩さがたまらない。
04:じっくりしっかり聴くとハマル。
05:中弛みの余裕。
06:マイケルのファルセット&松田聖子?のメロディ。
07:懐かしさを覚える曲。
08:今や代表的な1曲。とてもポップだが哀愁が漂う。
09:真夏の昼寝の真っ最中的曲。
10:そろそろ夕方を意識しよう。
11:新境地の名曲。映画の後半の挿入歌にでも使われそうな感じ。
12:最後に気だるさを誘いまくる曲。

シングルカット曲は、08,03,11

おすすめ曲は、01,02,03,04,08,11

先日の来日公演で演った曲は、08のみ。(日本のある放送局のランキングで第1位になったとマイケルが喜んでいた。)

これからの季節、ビールのお供にどうぞ! 

アルバム名も「リビールだし・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

そろそろ久しぶりに更新します。

ですです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

AROUND the sun

aroundthesun

Around the Sun

2004.11.6.発表。

通算13枚目のオリジナルアルバム。

01.Leaving New York
02.Electron Blue
03.The Outsiders
04.Make It All Okay
05.The Final Straw
06.I Wanted To Be Wrong
07.Wanderlust
08.Boy in the Well
09.Aftermath
10.High Speed Train
11.The Worst Joke Ever
12.The Ascent of Man
13.Around the Sun

初めてアルバムタイトル曲が存在するアルバムである。

この年の11月2日に投票されたアメリカ大統領選挙を強烈に意識した内容であるが、事前に噂されていたようなエッジの効いた激しいギターロックになることはなかった。

アメリカ民主党を支持しブッシュ再選を阻止しようとする意志が、穏やかな歌声やメロディの中でもテンションの高さに感じ取ることができる。

Automatic For the People と並ぶ佳曲揃いのアルバムであり、本国アメリカや日本での人気は今ひとつであったがヨーロッパ各国では軒並み初登場1位を記録した。

R.E.M.の音作りは、流行曲とはかけ離れていて、違和感を感じる人も多いかもしれない。そして、マイケル・スタイプの声は、崇高さみたいなものは感じづらいが、感情を表現するという才能はズバ抜けていると感じる。

[一言思い込み解説]
01:R.E.M.らしくない美しさ。
02:フェイバリット。マイケルの才能全開。
03:時代に合わせてはいけない。アルバムの中だけで楽しむ曲。
04:ここからがこのアルバムの本編。
05:溺れるものはU.S.A.
06:ダブヤ顔を覆う。
07:好き嫌いが激しいかもしれない。
08:なぜかとても印象に残る。
09:間違いなく佳作。
10:I'll Take The Rainの続編か。
11:Limited Editionで歌詞カードが2枚入っていた。
12:出だしが良い。
13:とても前向きな印象。

シングルカット曲は、01,09,02,07

おすすめ曲は、01,02,03,06,08,09,10,12,13 (本当のところはどの曲もみんなとても良いです。)

翌年(今年)3月の来日公演で演った曲は、01,02,03,05,06,10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

早期来日を願い実力行使

poster1

なにやら不穏な動きがあるようだ。

どうやら署名活動をしているらしい。

R.E.M.の来日を訴えるための署名である。

主催は「R.E.M.招致委員会」。

次の来日がまた10年後ではこちらもヨボヨボになっちゃう。

だから、もちろん僕も即署名しました。

みなさんもよろしければ署名をお願いいたします。

こちらです。↓

http://homepage3.nifty.com/~maruchan/rem/top.htm

Rem_come_on_5

それでは、R.E.M.の早期来日を切に願って、合掌!!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年10月10日 (月)

4本足の犬が復活!!

01-1 なっ、なんと! R.E.M.が4本足で復活しました!

10月8日に地元アセンズにて、知人の結婚式の場で7曲も演奏したようです。

曲目は、

Sitting Still
Rockville (Mike Mills on vocals)
Wolves, Lower
Begin the Begin
The One I Love
Permanent Vacation
Radio Free Europe

I.R.S.時代の古い曲のみの選曲でしたが聴きたい曲ばかりです。特にBegin the Beginは是非とも聴きたいですね~~。

ビルのドラムスは、力強くて存在感があり、しっかりリズムを刻みしっかりロックしているって感じですね。

ビルが脱退してからの3枚のアルバムは、どれもロックしなくなってしまい寂しく感じているのは僕だけではないと思います。

是非ともR.E.M.の新しいロックアルバムを聴きたくなりました。

ですので、3本足の犬が一日だけ義足を付けたということで終わらないでほしいと、この上なく願うところですがやっぱり無理なのでしょうか。

ところで、日本の薬局で売っている眼の薬に「ビルベリー」なるものがあるようです。

通勤時のバス内で流れるCMで知りましたが、どういう感じの物なのかどなたか知っていませんか?

今度、薬局へ行った時に探してみたいと思います。

ビルはアセンズの農場だけでなく、こんなところでも活躍していたのですね。

さすがは音楽だけでは終わらないR.E.M.!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

なんでなの?

R 僕は、R.E.M.歴16年で、3月の来日公演は3タテを達成し、既に立派なR.E.M.マニアになっていると思いますが、いつもいつもとっても気になることがあります。

それは、いまだ僕の周りにR.E.M.を聴くという人がほとんどいないということです。

これまでに僕の周辺で確認されたR.E.M.のアルバム保有者は、な、な、なんと、たったの二人です。

一人は、5~6年前に一緒にスキーへ行く車中で判明したDocument保有者です。パンク系好きが何かの拍子に購入してしまったって感じでした。

二人目は、今年3月、ちょっとした旅行のお誘いを断る時に、正直に理由(R.E.M.来日公演へ行く~~!)を言ったら、昔のアルバムを2枚持っているとのこと。どれかは確認しなかったけれど、きっとOut of TimeとAutomatic For ~でしょう。

こんな環境の中で、孤独なR.E.M.ライフを満喫し続けているわけでございまする。

でも、なんでなの?

R.E.M.の日本での人気のなさは。

どうせマイケルの歌は歌唱力に欠けるし声も変だし、バンドとしての音も流行とはかけ離れているし重厚さはないし、マイナーコードや不協和音の多用は日本じゃ受けねーよなぁ。

というわけで、今後はこのブログでR.E.M.を世間に広めて参ろうとする所存でございまする。

よろしくなりー。よろしくなりー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年6月29日 (水)

R.E.M.中毒宣言!

KennethWallpaper・・どうしようもないのさ!

完治不可能さ!大病なのさ!

依存症さ!中毒なのさ!リハビリなどする気もないさ!

ハゲ頭でもいいさ!クネクネダンスでもいいのさ!変な声でも棒読みでも気にしないのさ!

無愛想でもいいさ!かっこ悪いジャンプでもいいのさ!パジャマ姿が冴えなくても気にしないのさ!

地味でもいいさ!リードヴォーカルをとれなくてもいいのさ!舞台衣装が派手でも気にしないのさ!

眉毛が繋がっててもいいさ!脱退しててもいいのさ!日本に来てくれなくても気にしないのさ!

孤独でもいいさ!流行りの曲など知らないのさ!

そうさ、おいらはアール中さ!

1日聴かないと震えが来るのさ!

英語が解らなくても聴き続けるのさ!

変な奴と思われても気にしないのさ!

かっこ悪くて当然さ!

正真正銘のR.E.M.依存症さ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)